So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

USBケーブルが音質を悪くする

多分そのUSBオーディオには罪はない。
やはりUSBケーブルに欠点がありすぎる。
世の中に出回っているUSBケーブルと
USBオーディオに付属しているUSBケーブルの品質の悪さが1番の問題だ。
PCからおくられる音楽の情報を95%以上正確に送れるケープルが
本当はこの世の中にまだないのかもしれない。
できるだけ正確に情報を送ることができるUSBケーブルを探さなくてはいけなくなった。
nice!(0)  コメント(0) 

仮想通貨でちょっと稼いだので

アマゾンの評価がやたら高いヘッドホンアンプがあったので買ってみた。
アムレックのAL-38432DSだ。
まず付属の電源コードとUSBコードは音の輪郭がはっきりしないので他のものに変えた。
すると音の輪郭がはっきりして明瞭になり普通にいい音になった。
つぎはコズミオとマランツの高級アンプとどう違うか比べてみます。



nice!(0)  コメント(0) 

ヒラリー・ハーンのブラームスは意外に

ヒラリー・ハーンの考えているブラームス像は
心の何処かに熱い激しさを持った人
普段は穏やかだが、心に引っかかる物があると
次第に心が激しくなっていく
そんな印象を受ける演奏だ。
nice!(1)  コメント(0) 

オンキョーのハイレゾサイト

最近久しぶりにオンキョーのサイトをのぞいた。
「アニメ音楽」はいいと思うが、「クラシック部門」が最悪だ。
せっかくこのサイト、音はいいのに 「クセのある演奏家」揃いで
正統的な演奏から外れた人達が多くて参った。
音がいいだけに もっとまともな技術力のある演奏家を採用してほしい。


nice!(1)  コメント(0) 

PC音楽のブログは理論上の数値が多い

いろいろなPCオーディオのブログを内見するが、
理論上の数値を語っているものが多くて使えない。
これはpcの内部で計算された数値であって、
実際にpcの出力から出てくる数値とは違うのである。
デジタルがアナログになるところで違う次元に移行する。
PCにしてもDACコンバーターにしても
本当に変換上手な基盤でないとそのロスが音質を悪化させる。
今回オンキョーのPCを買ってそれがとてもよくわかった。
nice!(1)  コメント(0) 

PCはヤフオクで1~2万で買ってる。

以前は10万円くらいで新品のPCをかっていたが
自分である程度のものなら改善できるようになったので
ここ1~2年はヤフオクで7000円~20000円でPCを買ってる。
まずHDDを入れ替えてWINDOWSをたちあげれば、
新品同様に95%サクサク動く。
足りないものはメーカーのサポートからダウンロードしている。

nice!(0)  コメント(0) 

ヤフオクを観ていると時々買いたくなる

20年前まで100万円とか50万円で売られていた高級オーディオ製品が
今では10分の1くらいの値段になっている。昔、ビックカメラの店員をしていたとき
オーディオ担当だったので、高級オーディオの音を聞きまくりました。
以外にもアキュフェーズのアンプ同士よりも
アキュフェーズならクォードのパワーアンプとのコンビのほうが輪郭がはっきりとした
異次元のリアル世界の音になったりして 組み合わせの意外性を感じました。
CDプレーヤーの音も20万の音と7,8万の音はかなり違っていました。
でも今のPCのデジタルの音のほうがリアルです。
nice!(0)  コメント(0) 

ノートPCは薄くなるほど部品をへらされてる?

最近のノートPCはどんどん薄くなって同時に音質が悪化している感じがする。
NECのノートPCなどは特に感じる。薄くなるってことは当然部品が減らされていく。
音質に本当は必要な部品も減らされていく。コズミオもだんだん薄くなって
はじめに目指していた高音質もだんだんうすれているのでは?

nice!(1)  コメント(0) 

メーカーのカタログには周波数特性が書いてない

オーディオ製品には周波数特性がカタログに書いてあるのに
パソコンには周波数特性が書いてない。
音楽を聴いたり、編集する人が多いのに、これはおかしい。
大切な演奏会のライブラリーを作る際、どのくらいの周波数特性で処理されているのかわからない
ヴァイオリンやソプラノなどの女声の音域
またホールの響きは20000hz以上出ているときがあるから
止む無く周波数特性ソフトでPCを1台1台測っていく。
周波数特性は32ビットも64ビットも関係ないサウンドカードの性能だ。
これによって音声の周波数特性の処理が決まってしまう。
音声出力が20000hzを超えたのは東芝コズミオだけという結果に驚いた。



nice!(0)  コメント(0) 

昔 自分の部屋でコンサートホールを再現していた

学生時代 100万円かけて自分のへやでコンサートホールのミニバンを作った。
そこでNHKホールやサントリーホールやウィーンムジークフェラインを再現して、音楽に感動していた。
またコンサートホールにも足を運んで音をチェックした。だから自分なりにいい音は知っている。
いろいろな国のオーケストラによって特にヴァイオリンなどの弦楽器の音色にそれぞれのオーケストラなりの違いがあることを知ったのもこの時だ。

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -