So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ミュンシュのレオノーレを聞いて

なぜ、シャルル・ミュンシュが他の指揮者と違うのか
この曲を聞いて少し理解した。
各楽器の音を有機的に使おうとしているところだ。
そうすることで音楽に不自然さをできるだけ排除しようとしているところだ。
カラヤンがやっているような少し不自然な
計算された作為的な音をできるだけ避けようと。

nice!(0)  コメント(0) 

2018年の最初の音楽は

パッヘルベルのカノンが年の初めに聞きたくなった。
聞きながら年末ジャンボの当選をみたら、
3000円買って、3300円分当たっていた。
少し嬉しかった。
PCのメンテをしてから、アマゾンで何か買おうと思った。

nice!(0)  コメント(0) 

今年の最後はバーンスタインとウィーンフィルで

1年の締めくくりは決してベートーヴェンの第九ではない。
私の今年の締めくくりはブラームスの交響曲1番がききたくなった。
選んだのはバーンスタインの最晩年なのに、ウィーンフィルなのに
若く激しい躍動感あふれる素晴らしい演奏だ。
この曲を聴くと来年も頑張ろうと思えるからだ。

今年は素晴らしい音を出す 東芝コズミオPCと
クラシック音楽を素晴らしい音で再生してくれるヘッドホンや
映画やアニメを迫力満点に再生してくれるヘッドホンに出会えて
デジタル音楽の素晴らしさを再確認した1年だった。
nice!(0)  コメント(0) 

今日はブラームスの4番

今日はなぜかブラームスの第4交響曲が聞きたくなって学生時代によく聞いていた
巨匠ザンデルリンクの指揮のベルリン交響楽団できいた。
昔 レコードで聞いていたときよりも CDで聞いていたときよりも
YOUTUBEをコズミオPCで聴くほうが音の情報量が多く、各楽器の音が聞こえて
ホールの佇まいも感じられて良かった。
また、巨匠の音の置き方がとても丁寧で、まるで自然の呼吸のリズムの
流れのように演奏するので、とっても心地よかった。
小澤征爾の演奏では、カラヤンの影響で何処か作為的でこうはいかない。

nice!(0)  コメント(0) 

フリーソフトで動画みるなら

まず 音量重視ならBSplayerかMediaplayer Cassic
もし 音質重視ならPotplayerかAVSmediaplayer




nice!(1)  コメント(0) 

ヒラリー・ハーンは歌い方を変える

彼女のメンデルスゾーンのコンチェルトの第2楽章はとても興味深い
なにせ何小節かごとに歌い方をかえるから
次はどう歌わせるのか気になってしょうがない。
それだけヴァイオリンの可能性を沢山持ってる。


nice!(0)  コメント(0) 

ベートーヴェンの第7も音が

続いて第7番も聞いてしまった。
ドゥダメルとシモン・ボリバル管弦楽団
ベートーヴェンをこんな素敵に生き生きと演奏し
しかもYOUTUBEで見れてしまう。
「彼がやるとそこら辺の指揮者が色あせてしまう」と
サイモン・ラトルが言っていたのがわかる。
nice!(0)  コメント(0) 

若手指揮者ドゥダメルはテンポの魔術師

久し振りに「運命」を聞きたくなって
YOUTUBEを開いたら彼の顔が飛び込んできた。
早速聞いてみた。すると
シモンボリバル管弦楽団を指揮する彼のテンポはとても自由自在
今まで聞いた「運命」の中でも1番面白くて飽きない。
ほんとにクラシック音楽というよりも
映画やアニメを見ている感覚で「運命」が聞ける
音が踊ったり、歌を歌ったりしている。
ベートーヴェンに聴かせてあげたいほど面白い演奏だ。
nice!(0)  コメント(0) 

ヘッドホンの音の定位の改良

ドンシャリ サウンドのヘッドホンはどこが悪いのか

1 低音から高音までの音がうまくつながって聞こえない。

2 音の定位がはっきりしない。

3 音がとんがっている。    

  

これらの一つの対策としてスピーカー部分の

真ん中に1円玉くらいの円形のガムテープを貼る


これによって直接音が耳に突き刺さるのを避けられるし

以外にも音の定位が改善されたりするのだ。

安いヘッドホンには効果があるみたいです。

ある程度以上のヘッドホンには通用しません。

また、1センチのガムテープを貼ったあと周りの

スピーカー部分が1センチくらい見えていないと効果があリマセン

nice!(1)  コメント(0) 

低域が出ないヘッドホンの改良

ゼンハイザーHD598でパブロ・カザルスのチェロの低域を再現したくなって、

あることを思いついた。

このHD598は中高域は美しいが、音に低域の支えがないので

音に実在感があまり感じられなかった。

どうしたら低域が出るようになるのか。


スピーカー部分の半分から下をガムテープ等で塞いでみた。

そうすることでスピーカー部分の中で音の対流が生じて

もしかすると低域が増すのではないかと。


結果、いままで聞こえなかった低域が聞こえてきたのである。

低域の支えができることによって、

一つ一つの音がしっかりして美しいだけではなく

音のつやが出てきて、より魅力的なヘッドホンに生まれ変わりました。


P.S今回低域をだすためにヘッドホンケーブルも変えました。

アマゾンプライムで1500円以内で低域がでるケーブルを探していたら

「woodfifi SHC リケーブル」というのがあって評価も大変良かったので

付け替えたました。



nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | -