So-net無料ブログ作成

MDやヴィデオテープを処分

YOUTUBEによって 今まで保管していたMDやヴィデオテープに収めていた

クラシックの名演奏やFM放送のライブ、BS放送のライブがいらなくなった。

いろいろな名演奏が探せば出てくるからだ。


部屋の整理のためにも、ソニーのベータテープ、機材をまず処分した。

ベータは高音質だったけれど、今はPCとヘッドホン中心の生活なのでおさらばした。

MDは場所をあまりとらないし、テープと違い 頭だしがすぐ出来るので考え中。


ステレオは昔、気持ちよくヴァイオリンの音を聞くために

イタリア製のスピーカーを買ってしまったので当分捨てられない。


モーツアルトは音楽の母か?

バッハが音楽の父であることは有名だが、

ならば ぼくはモーツアルトは音楽の母だと思う。

バッハは貴族に眠りのための曲を作っているが、

堅苦しくて とても眠れそうにない。

それにたいしてモーツアルトの曲の多くは

優しくて 堅苦しくなくて ほっとしてリラックスできる。

子どもたちの情緒安定のためにも小学生低学年までは

モーツアルトがBGMに個人的にお勧めである。

高学年からはバッハやベートーベンがいい。

目的意識を知らないうちに育ててくれるから。



五島みどりさんのチャイコフスキーは凄すぎる

久しぶりにやられました。

彼女の演奏は音楽という枠にいれてはいけないものでした。

彼女は「卑弥呼」のような 「たましい」そのもになっていました。

ガラスの仮面の「北島マヤ」のようでした。

チャイコフスキーを聴いたというよりも

「五島みどり」を体感したかんじでした。

音楽も成熟するとその枠を超えてしまうことがわかりました。

NECのHDDのクローンをして、音が

メールソフトもクローン以前のメールは移行できなかったが、

新規のメールは受信できたし、迷惑メールの削除がスムーズになった。

サウンド設定やグラフィック設定もそのまま移行できた。

すべての動作もサクサク動きます。

これは1つのHDDを長く使っていると

どんどんHDD内に無駄な情報が溜まって行くためか。


そして音質も少しリフレッシュしている感じがした。

音の余韻が気持ちよくなったのだ。

音のためにも半年に1回HDDを乗り換えてはどうだろう。


HDDの交換をおえて

今回の交換をおえて、感じたこと。

Windowsはすべての機能がちゃんとコピーされていたが

アマゾンのキンドルと連携していた

グーグルクロムだけエラーになったので、入れ替えた。

そのほかのソフト、ファイルもちゃんとコピーできた、機能した。


HDDの交換時期は 1 動作がすごく遅くなったとき、

2 エラーが多くなったときだ。

 

次はNECのPCのHDDをいれかえて

どのくらい早くなるか見てみよう。

サンワサプライのHDDコピー機能付き変換ケーブルは良い

コスミオのHDDに 少しエラーが出てきたので

思い切ってHDDのクローンをつくるため、アマゾンで評価の高かった

サンワサプライのHDDコピー機能付きの変換ケーブルを試しました。

500GのHDDから1TのHDDへ変換に2時間かかりましたが、

調子の悪くなったHDDから新しいHDDを入れ替えたので

動作は良好でサクサク動きます。

値段も3000円くらいなのでこれは買いです。

初心者でも説明書つきだし、

へたにクローンソフトでPCから入れ替えるとソフトウェアーなので

diskのエラーのところで泊まってしまうのにたいして、

ハードからハードへの変換なのでとてもスムーズでした。

これは、買いです。



久しぶりに卓球をしました

温泉に行ったので、定番の卓球をしてきました。

小学生のころはよくやっていましたが、

高校はテニス部、大学は合唱部なので、

ほんとうに温泉に行ったときしかやりません。

たまにやると、けっこう楽しめました。

なぜ宗教には絶対神が必要なのだろう

私はだいがく時代、キリスト教と仏教と神道を宗教哲学の観点から歴史とともに学習した。


今のほとんどの宗教には「絶対的存在がある」ことから始まっている。

しかしこの絶対神は 実は世界に「国」という概念ができるのと同時進行で形成された概念だった。


それ以前は絶対神はなく、八百万神(水や火や土や木などの自然のひとつひとつが神様であった)

つまり万物平等であったのだ。


だから そこを追究するとほとんどの宗教は実は無力化してしまう。

なぜ自動車メーカーは世界に通用して、電気メーカーは通用しないのか

とても不思議に思う。日本の自動車メーカーは世界に通用するのに

電化製品のメーカーはなぜ世界に通用しないのか。

メーカーは人々が欲しているちょっとだけ先を見て製品を作るのが本筋

なのに日本の電化メーカーは世界の相手を見ないで

自国だけ見て 3歩も4歩も先を勝手に行ってしまう。

だからいつからか売れなくなった。

今まで作った過去の製品には ちょっと手を加えればいろいろな国々に

今の時代にも通用するものがいっぱいあるのにそれに気がつかない。

「技術は生み出すだけではなく、改良してより良いものにしていかなければもったいない。」

大きなホールを響かせる基本

まず鼻歌が音程が取れて歌えること

そしてお腹をつかって腹式呼吸で大笑いできること

この2つが結びついて大きな音が出るのが基本形で

そのつぎに目を見開いて顔中、頭中の空洞の空気を

鼻歌の響きで振動させて、頭じゅうから

力まずにホールの空気に解き放つ感じかな